ビジョン

地方自治は住民参加が基本です!

<具体的政策:街づくり五つのポイント>
多くの皆様のご意見をいただいて「共生と調和」をキーワードに、生活者の視点で安心で住みよい街づくりに取り組みます。

Ⅰ.安心・安全・快適のまちづくり
(1)コミュニティ協議会、自主防災会、安全見守り隊等に対する支援の充実、連携強化による地域力の向上。
(2)地域医療の拠点である市民病院の経営健全化と医療サービスの向上。
(3)市民との協働による美化活動・環境保全の推進、地球環境問題への積極的対応。
新市立市民病院のイメージ
(4)高齢社会を踏まえた外出支援方策の充実、地域商店街の活性化。
(5)市民の生涯スポーツを充実させるためのグランド整備等の推進。
Ⅱ.効率的な市政運営と市民サービスの向上
(1)未利用市有地の売却などによる財源確保、構造改革の積極的推進による財政健全化。
(2)市庁舎との合築による総合文化会館の建設。(建設コストの縮減)
市役所窓口
総合文化会館建設予定地
(3)市民サービスの提供者である職員の意識改革、業務効率化の推進。
(4)下水道未整備地域の早期解消、道路・河川・公園の整備など都市基盤整備の推進。
(5)議会改革の継続による、より効率的で開かれた市議会。
Ⅲ.子育て支援など福祉施策の充実
(1)幼保一元化の推進、保育所分園化による保育定員増など子育て支援、就労支援の充実。
(2)後期高齢者医療制度等、国が行う福祉施策見直しへの建設的な意見提起。
 
Ⅳ.教育環境の充実
(1)少人数学級の拡大、学校部活動への支援の充実、開かれた学校づくり。
(2)幼(保)小連携、小中連携の推進による児童・生徒の健全育成。

建替えられる第三中学校校舎のイメージ
地方主権(地方分権)が進めば進むほど、地方自治体の経営能力が問われ、
市民サービスの向上が求められます。
自治体間競争に勝ち抜くための改革を継続し、皆さんと力を合わせて、
市民満足度ナンバーワンをめざします。
 
  議会報告

議会レポート「三島通信」をダウンロードしてご覧いただけます。